ケジラミ

ケジラミ

ケジラミ……? そう、シラミの一種です。咬まれるとかゆくてたまらない、あのシラミです。それも感染経路が性交渉。局所がかゆくてたまらないというつらくて嫌な病気です。もしうつってしまった場合には、あなたでストップ。同じ苦痛をセックスパートナーにもうつさないよう、くれぐれも注意しましょう。

ケジラミについてのFAQ

Q01.

ケジラミってどんな虫?

Answer

体長は1mm前後で、横幅が広い蟹のような形をしています。頭などに寄生するものとは別で、基本的に性交渉でうつるものですが、アポクリン汗腺を栄養源として好むため、陰毛以外にもわき毛や頭髪にも寄生することがあります。ケジラミの卵は1週間程度で孵化して成虫になり、約1カ月ほどで寿命を終えます。寄生したケジラミの成虫は、体毛の根元に住みながら死ぬまでに約50個の卵を産むといわれています。

Q02.

どうしたらうつったかわかるの?

Answer

まず、陰部にかゆみを覚えたら一応ケジラミの存在を疑ってみましょう。ケジラミだったら、よく観察すると、1mmくらいの小さな虫が動いているのを肉眼で確認できるはずです。もしくは、陰毛にこびりついている小さな卵も発見できます。 また、この寄生虫は人間の血液を吸うことで生きているので、ケジラミの排泄物も赤い血のような形状をしています。それが下着に点々と付いていることから、ケジラミと気付くことも多いようです。 よく観察して、あやしいと思ったら迷わず病院へ行って診てもらいましょう。

Q03.

銭湯やプールでうつることはあるの?

Answer

水の中ではまずうつりません。シラミは水の中ではむしろ毛にしっかりしがみついていて、移動しにくい状態にあるので、ほぼ安心していて大丈夫だと思います。

Q04.

治療はどうするの?

Answer

ケジラミはシャワーでは絶対に洗い流せません。患部の毛を剃って軟膏を塗る方法もありますが、最近ではシラミ駆除剤で成虫を退治し、卵から孵化するのを待って反復療法を施すという方法もあり、毛を剃らずに済む治療法もとられています。 代表的なシラミ駆除剤であるスミスリンパウダーを使用する場合、陰毛部にパウダーを2g散布し、1時間後に洗い流します。これを3日に1度3~4回くり返します。

Q05.

予防はどうするの?

Answer

残念ながら、予防は難しいといわざるを得ないでしょう。ケジラミはコンドームでも防ぎようがありません。しかしながら、複数のセックスパートナーをもたない、不潔な性交渉を避ける、という基本を守り、なるべくタオルや寝具などを共用しないなどの注意だけでも、うつされる確率はぐんと低くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加