肌の漂白剤「ハイドロキノン」で陰部の黒ずみも解消できる?

美白効果の高いハイドロキノン

ハイドロキノンは、イチゴなどのベリー類や麦芽、紅茶などにも含まれる天然成分です。「肌の漂白剤」とも言われるほど美白効果が高く、シミや黒ずみなどのケアに使われています。

メラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑制することで色素沈着を予防します。また、できてしまったメラニンを還元するハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やアルブチンの10~100 倍ともいわれています。美白成分はたくさんありますが、このハイドロキノンは最強の美白効果があると注目されています。

アメリカでは美白成分としてよく使われており、日本では2001年の薬事法改正により、一般に販売される化粧品にも低濃度であれば配合できるようになりました。でも、効果を期待できるものは、医師に処方してもらう必要のある高濃度のハイドロキノンです。副作用の心配もあるので、勝手に通信販売で入手して使用することを避け、医師の指導を受けたほうがよいでしょう。

またハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びてしまうと、かえってシミが濃くなることがあり、使用には注意が必要です。

デリケートな「ハイドロキノン」でのケアは専門家に

美白を願うあまりに高価な化粧品を使い白斑ができてしまった事件は記憶に新しいことです。肌の美白効果をうたう化粧品はたくさんあるので、陰部の黒ずみを同様に化粧品で白くできないだろうか、と考えがちかもしれません。たしかに白斑被害の“犯人”と目される美白有効成分「ロドデノール」は、メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果があるとして、配合商品は厚労省が「医薬部外品」として承認している“お墨付き”製品です。実際にこの物質が実際に白斑の原因かどうかはいまだにわかっていませんが、使用をやめると治るということから、何らかの関係があるとされています。この美白有効成分を使えば、陰部の黒ずみも治せるのでは……などと安易に考えないでください。いかに陰部といえどもまだらに白くなるのは考えもの。そこで、現在、陰部の美白に有効とされているのが同じフェノール性化合物の中の「ハイドロキノン」という物質です。これは、皮膚科医の指導の下で低用量、低濃度で現在も肌のシミの治療に使われるなど美白効果が認められています。ただ、ハイドロキノンを取り扱う工場勤務者に白斑が生じたケースがあったことを日本皮膚科学会でも指摘しており、さらにある皮膚科医は、マイケル・ジャクソンさんの例もあげています。ハイドロキノンは美白剤として米国を中心に汎用されているフェノール性化合物であり、優れた脱色作用をもっていますが、メラノサイト自体に対する毒性のため白斑を形成するといった副作用が指摘されています。

使用にあたっては3%以下に希釈するなど、専門家でなくてはむずかしいことがたくさんあるので、勝手にインターネットで入手して使用することはやめましょう。

ただし、下着が擦れて黒ずみやすいパンティラインや大陰唇部分を手軽にケアしたい場合、このハイドロキノンを使用するのは有効な方法の1つです。自分で簡単にできるお手入れですが、速効性は低く、1~2カ月継続して使用することで効果が感じられるようになってきます。

ドラッグストアやインターネットでハイドロキノン配合のスキンケア商品を購入することもできますが、角質層が薄く粘膜にも近い陰部に使う場合は、医師の指導のもと使用することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加