おりものって何だろう

性器の分泌物の集合体

おりものとは、子宮頚部や膣からの分泌物や子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合った粘性の分泌物。通常は無色透明ですが、多少白っぽくなることもあります。通常は少し粘り気がありますが、粘性が強いときもあれば、水っぽいときもあります。

成分は性器の分泌物の集合体で、具体的には子宮内膜から分泌される粘液、子宮頚管から分泌される粘液、膣粘膜からの分泌液や膣から剥がれた古い細胞、外陰部の皮脂腺、汗腺からの分泌液などが混じり合ってできています。

その働きは、膣内に潤いを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ働きをし、いわば、口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。

月経前後や排卵日などに量が増え、少し臭いがする場合がありますが、それ以外はあまり臭いがないのが正常です。とはいえ、下着の汚れの原因になるなど、ネガティブなイメージのあるおりものですが、実は女性の身体を健康に保つために大切な役割をしています。ですから、おりものは多少あるのが普通。気にしすぎると逆効果のこともあります。

膣内を雑菌から受精環境を整える

おりものはわずらわしいものと思いがちですが、膣内の酸性を保って雑菌を防いだり、古い細胞などの老廃物を掃除して体外に排出したりすることで、膣内の清潔を保つという大事な働きをしています。

女性の性器は、外陰部から膣や子宮などの内部までが一本につながった器官です。内部が外気と直接つながっているだけに、雑菌が一度内部に入り込むと、増殖しやすい環境にあります。さらに膣口が、大腸菌などが多い肛門のすぐそばにあるため、雑菌が付着しやすくなっています。そこで大切な生殖器を雑菌から守るために、おりものが分泌されているのです。

そればかりではありません。おりものの量や質は生理の周期に合わせて変化します。特に排卵日が近くなると、量が増えるだけでなく、粘り気のあるドロッとしたものになります。これは雑菌を排除し、精子が子宮内をスムーズに進めるようにするため、子宮頚管から分泌される粘液の量が増えているためです。おりものは受精環境を整えるという役割も担っているのです。

下着の汚れの原因になるなど、ネガティブなイメージの多いおりものですが、女性の身体を健康に保つために大切な役割をしています。

膣内を清潔にする自浄作用

おりものは通常は無色透明から白っぽく、少し粘り気があります。月経前後や排卵日などに量が増え、少し臭いがする場合がありますが、それ以外はあまり臭いがないのが正常です。

女性にとってのおりものは、わずらわしいものと思われがちですが、膣内の酸性を保って雑菌を防いだり、古い細胞などの老廃物を掃除して体外に排出したりして、膣内の清潔を保つという大事な働きをしているのですから、そんなにやっかい者扱いをしないで上手に付き合っていきましょう。

その大事な役割のひとつが自浄作用。細菌が膣内で繁殖するのを防いでいます。おりものの働きで膣の中はpH4.5 ~5.0 の弱酸性で保たれています。そしてまた、デーテルライン桿菌という「善玉菌」が大腸菌やカンジダ真菌の増殖を防いでいます。

また、排卵期に受精を助ける役割も持っています。精子をおりもので包み込むことで、卵子までの移動をサポートしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加