排卵日におこる軽い出血は排卵のサイン?

おりものにもサイクルがある

女性の身体には生理のサイクルがあり、おりものもその周期によって状態が変化しています。おりものは女性ホルモンと密接な関係にあるため、ホルモンバランスが変化するのに合わせて、おりものの状態も変わっていくのです。

おりものは生理後、排卵期、排卵後、生理前で、それぞれ異なった特徴をもっています。つまり、おりものの状態の変化をしっかりと理解していれば、「もうすぐ排卵日」「そろそろ生理がくるかも」といった、自分の身体のサイクルを知る目安になるのです。ここでは、そんなサイクルの中の「排卵後」のおりものについて解説します。

※排卵期や排卵日のおりものの特徴について、より詳しくは「排卵期・排卵日のおりものは普段と違うの?」をご参照ください。

おりものは卵胞ホルモンに比例する

女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2 種類のホルモンから成ります。月経周期においては卵胞ホルモンは排卵期に分泌量が増加し、排卵前にピークに達します。排卵後には入れ替わるように黄体ホルモンの分泌量が増えます。つまり、排卵を境にしてホルモンバランスが変化するということです。

おりものの量は、卵胞ホルモンの分泌量と比例しています。排卵期になるとおりものの量が増えたように感じている人は多いかもしれませんが、それはごく自然なメカニズムなのです。

排卵後のおりものの特徴

それでは卵胞ホルモンの分泌が減る排卵後では、おりものの状態はどのように変化するのでしょうか。

まず、分泌量は少しずつ減ります。生理前になるとまた増えますので、おりものの量の谷間の期間だと言えます。状態としては、排卵期には透明でゼリー状の粘り気のあるおりものが出ますが、排卵後になると色は白く濁ってきます。生理が近づくと少量の血が混じることもありますが、特に問題はありません。

おりものの状態と月経周期との関係をまとめると、以下のようになります。

生理後:血が混じり茶色っぽい。

卵胞期:白くさらりとしている。最も量が少ない。

排卵期:透明でゼリー状。最も量が多い。

黄体期:次第に量が少なくなる。

生理前:再び量が増え始める。白くて、近づくにつれたまに血が混じることも。

排卵日の症状

赤ちゃんが欲しいと思い始めたら、まず気になるのが排卵日。排卵日を知る方法はいろいろありますが、排卵日前後にあらわれるさまざまな症状も手がかりの一つです。排卵日の症状を知って手がかりののひとつにしましょう。

★排卵日っていつ頃?

排卵日から次の生理開始までの「黄体期」は、生理周期に関係なく約14日です。つまり、次回生理予定日の約14日前が排卵日になります。生理周期が安定していれば、簡単な計算や基礎体温からおおよその排卵日がわかりますが、月によって28日周期だったり35日周期だったりと生理周期が乱れがちな方にとっては、事前に排卵日を特定するのは難しいものです。

排卵日の症状は?

排卵日の症状には個人差があり、顕著な人もいれば、全く感じない人までさまざま。それに症状が1つではないので、予測する際もいくつかの症状を合わせて目安にするようにしましょう。

排卵日には不快な症状をともなうことが多いものです。女性ホルモンの変化によって、下腹部痛などの「排卵痛」や基礎体温の変化、卵膜が破られることによって起こる少量の出血である「排卵出血」などの代表的なものから、唾液の変化(ネバネバ)、胸の張り、頭痛やめまい、吐き気、ブルーになる、体重増加するなどもあります。それらとともに、おりものの量や質にも大きな変化があらわれるので、それらの症状が排卵日の目安になります。
◎下腹部が少し痛む、チクチクした感じ、どんより重い感じ

排卵日近くになると、お腹がチクチク痛かったり下腹部痛を感じることがあります。これは排卵痛と呼ばれるもので、下腹部全体に痛みを感じる人や右左どちらか片方に痛みを感じる人がいます。排卵日に出る下腹部の痛みの原因としては、成熟して大きくなった卵胞が、腹膜を刺激したり、卵巣から卵子が、飛び出す際に出血を起こし、その出血が腹膜を刺激して痛みを感じると考えられています。ただ、排卵痛は個人差があり、感じる人と感じない人がいるようです。

生理よりも軽く期間も短い出血

卵胞から卵子が飛び出すときには、出血を伴いますが、排卵日にも少量の出血があることがあります。この出血を排卵時出血と呼びます。個人差はありますが、ちょうど生理開始日から2 週間前後に起こる出血です。排卵時出血は正常と考えられますが、子宮内膜症や子宮頸管ポリープといった他の病気でも出血を起こすことがあります。

基礎体温が下がり、その日から上昇する

高温期にはいる前の最も体温が低い日が排卵日になりやすいのですが、実際には最低体温日の1~2日後に排卵が起きることもあるため、基礎体温は排卵日を特定するのではなく、目安を知ることだと考えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加