粘性が強く、量も多い排卵期・排卵日のおりもの

おりものの変化の周期を知る

排卵期や排卵日のおりものは、そうでない時期とはちょっとした変化がみられます。どのような変化なら正常なのか、正しい変化を知らなければ、異常に気づくこともできませんから、おりものの月経周期との関係と変化の状態をしっかり理解しておきましょう。

おりものはほんのわずかな体調の変化でも影響の出ることがあり、ホルモンとも密接にかかわっています。注意深くチェックしていると気づくものですが、排卵期や排卵日などにまったく無頓着な場合には気づきません。妊娠を望んでいる人、避妊している人では、知っておくと便利な指標になります。

おりものと女性ホルモンの関係

卵巣から分泌される女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つがあります。生理の周期にはこの2種類のホルモンが大きく関わっており、排卵を境に分泌量が切り替わっています。生理が終わってから排卵までの間には卵胞ホルモンの分泌が増加します。この時期を卵胞期といい、排卵時にピークを迎えます。

おりものの分泌は卵胞ホルモンの影響を受けます。卵胞ホルモンが分泌液を増加させる命令を出しているため、卵胞ホルモンの分泌が増える卵胞期に入るとおりものの量も増えます。そのため卵胞ホルモンの分泌がピークに達する排卵期は、おりものの量が最も多くなる時期になります。排卵後になると、卵胞ホルモンの分泌の変化に合わせておりものも減っていきます。

排卵後から次の生理が始まるまでは黄体ホルモンの分泌が増加します。この時期を黄体期といい、黄体ホルモンが分泌している間は月経がやってこないので、結婚式などで月経を延ばしたいときなどでは、黄体ホルモンを投与します。

排卵期のおりものの特徴

おりもののこうした変化や特徴を知っておけば、身体の周期をより深く理解することができ、むやみに心配せず、自分が今どのサイクルにあるのかの目安にもなります。

排卵期のおりものは透明なゼリー状で、量も多いのが特徴。粘り気が強く、よく伸び、においはあまりありません。少量の血が混ざることもありますが、これは生理的な現象なので特別な心配はいりません。

おりものの変化で身体の異常に早めに気づくことができる場合もあるので、日頃からおりものの状態をチェックすることを習慣にしておきましょう。

排卵日の「おりもの」量、粘り気、色は?

生理やおりものは体からのサイン。とくに妊娠したいと思っている女性にとってはおりものの変化は見逃せない重要なサインのひとつです。基礎体温表や排卵検査薬で排卵日を予測することができますが、おりものの変化からも排卵日をある程度予測することができます。

おりものには、大きく分けて二つの仕事があります。ひとつは自浄作用です。おりものは膣内部を清潔に保つ働きをし、細菌が膣を通って、体の中に入ってくるのを防いでいます。もうひとつは受精の手助けです。排卵日周辺は、女性の体サイクルの中でも特におりものの量が多い時期で、子宮出口からでるおりものが、精子の到着を助けています。おりものは生理後から排卵日までが一番が少なく、排卵日にピークがきます。しかも入ってきた精子を傷つけないようにやさしく包み込み、子宮口まで誘導する役割もしているため、粘性ももっとも高くなります。

その後は量が減り、生理直前にまた増えていきます。

排卵日のおりものの特徴

排卵日が近づくとおりものは粘り気が増して量も多くなり、色は透明か少し白味がかかってきます。また、だんだんネバネバした感じになってきてよく伸びます。具体的には、下着についたおりものを親指と人さし指につけて、広げてみてください。10センチ近く伸びても途切れなくなり、水の中に入れても溶けません。そして、粘り気のあるおりものは排卵日直前に一番量が多くなります。この後おりものが少し減った頃に排卵が起きますが、精子はおりものがあるときのほうが子宮に到着しやすいので、粘り気のあるおりものが一番多くなる日が妊娠しやすいタイミングといえます。

ただし、状態が変わり始めてから排卵するまでの時間には個人差があるので、おりものの観察だけで排卵日を見極めるのは至難の業。おりものの変化を目安にして、基礎体温や排卵検査薬、超音波検査などの方法を組み合わせることで、排卵日予測の精度を高めることができます。より正確に知りたいという方は、婦人科に相談するのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加