「ピンクのおりもの」は不正出血の可能性が

血が混ざるとピンクになる?

おりものがピンクだと当然血性のおりものと思ってしまいます。たしかに血が混ざると色はピンク色や茶色となります。おりものが出るまでに時間がかり、酸化すれば茶色になりますが、膣内の出口あたりが出血源だとピンクのまま。だから、その出血がどこで起こり、正常な範囲内のものなのか、それとも病気によるものなのかということが重要。血が混ざる要因はさまざまあり、健康上の心配がいらないケースもあるにはあるし、重大な病気が隠されているという場合もあります。

血が混ざったおりものの要因のひとつとして考えられるのが、不正出血です。不正出血とは、周期的な生理時以外のときに性器から出血することをいいます。ホルモンバランスの乱れや性交時に膣の一部に傷がついてしまい出血することもありますが、なかには、何らかの病気によって起こる不正出血もあります。

不正出血が起こる病気として有名なのが子宮頸がん

子宮頸がんは、近年若い年齢層で増加傾向にあり、10代から起こることもありますが、20代後半~30代といった若い年齢層で増加傾向にあります。早期に発見できれば比較的治療しやすいがんですが、進行すると治療が難しくなります。

他の可能性として、クラミジア性子宮頚管炎も挙げられます。これはクラミジアが子宮頚部に感染し炎症を起こすもので、不正出血の他、腹痛や性交時の痛みを感じる場合もあります。不妊の原因になることもある病気ですので、やはり対処は早め早めが基本です。

血が混ざったおりものが出ることでこれらの病気の可能性が考えられますが、おりものだけでは確実な診断はできません。おりものがいつもと違う、と感じたら早めに婦人科の診察を受けるようにしましょう。

心配のない出血

反対に、健康上問題のない出血もあります。代表的なケースでは、生理が終わった直後のおりものに血が混ざる場合です。これは、残っていた経血がおりものと一緒に出てきただけですので問題ありません。

また排卵期のおりものや生理直前のおりものにも、少量の血が混ざることが多々あります。これらは生理現象の範囲なので、特に心配することはありません。

また、激しいセックスをしたり、膣部に異物を入れたり、膣部を打って転んだりしたときにも、傷口から出血することはあります。でも、これらの場合には原因がわかっているので、長くダラダラ続くことはありません。

おりものの色や形状に、その時の身体の健康状態が反映されることがあります。通常、透明もしくは乳白色であるおりものが他の色で出てきた場合は、何かの病気が潜んでいることも考えられます。ピンク色のおりものも、そんなサインのひとつです。病気が疑わしい場合には、速やかに病院に相談するようにしましょう。

異常のサインかもしれないピンク色のおりもの

血液が混ざっていると、おりものはピンク色に変色することがあります。おりものに血が混じること自体は珍しいことではありません。その出血が正常なものなのか病気によるものなのか、その違いを区別しなければなりません。

不正出血ももっとも心配なのが、子宮体がん、子宮頸管ポリープといった重篤な病気が隠されて場合です。

子宮頸がんや子宮体がんによるおりものには、悪臭を伴うことも多いです。また、量の増加も見られます。

萎縮性膣炎(老人性膣炎」の症状にも黄色やピンク色のおりものが出ます。かゆみ、においを感じる場合もあります。萎縮性膣炎は閉経によって卵巣機能が停止したり、腫瘍などの治療のために卵巣摘出を行った女性に見られがち。卵巣機能が停止したことで女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモン)の分泌が低下し、膣粘膜の萎縮・膣の乾燥が起こって雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を引き起こします。

ストレスでピンクのおりものが

強いストレスを感じると、生理期間中でなくても出血をすることがあります。これはホルモンバランスがストレスによって乱れることで、子宮内膜の増殖や剥離といった生理のシステムにも乱れが生じたことによるものです。この場合、ピンク色のおりものになります。生理中に強いショックを受けて生理が止まってしまうことがあります。この場合にも血液の混ざったおりものがだらだらと続きます。

ストレスはホルモンバランスの乱れだけでなく、さまざまな病気の原因となります。できるだけ生活の工夫をしてストレスを減らすようにしましょう。

排卵期にピンクのおりものが

そろそろ排卵日かな? そろそろ生理かな? もしかしたら妊娠したかも……。おりもんを日頃から注意深くチェックしていると、その変化で気づくという女性はけっこう多いのです。そればかりではなく、体に何か不調がある時も、おりものは私たちにサインを示してくれます。

普段と違うおりもののひとつが「ピンク色のおりもの」があります。

おりものの色が、赤色、茶色、褐色、ピンク色などになった場合、原因として、子宮や膣内での出血が考えられます。

ごく少量で、すぐになくなる場合は、「着床出血」の可能性もあります。

※着床出血とは、受精卵が子宮の中で居場所をつくる(=着床)時におこる、微量の出血を指します。
ただし、全員に必ず着床出血がおこるわけではありません。妊娠した女性のうち、わずかに10~20%程度だと言われています。でもピンク色のおりものがごく微量に出たら、生理周期を確認してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加