「黄緑色のおりもの」は病気を疑おう

黄緑色のおりものは病気の可能性が高い

黄緑色のおりものには、重大な病気が潜んでいるケースもあります。また、おりものの変化とともに発熱や痛みを伴う場合もあります。症状を悪化させないためにも、おりものに違和感があったら早めに受診するようにしましょう。

★クラミジア感染症

クラミジア・トラコマティスという細菌によって引き起こされるこの感染症は、性感染症のなかでも有名で、近年では若年層での感染者も増えています。子宮頸管炎や卵管炎、卵管周囲炎などを発症し不妊につながることもあります。

黄色や黄緑色のおりものがあり、下腹部の痛みを伴う場合にはクラミジア感染症の可能性があります。初期ではほとんど自覚症状がないため、感染が広がりやすい病気でもあります。

★淋病

淋病は淋菌という細菌によって引き起こされます。症状が進行すると、激しい下腹部痛や発熱が起こることも。不妊の原因となったり、目に感染した場合には失明を招くこともあります。

黄緑色で膿のようなおりものであれば、淋病の可能性があります。おりものに異常が見られる時点で感染からすでに3 ~9 日ほど経過しています。

★トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫によって引き起こされる感染症です。

黄色や黄緑色のおりものにかゆみが伴う場合は、トリコモナス膣炎の疑いがあります。おりものに現れる特徴として、細かい泡が混ざることもあります。

性交渉での感染がほとんどですが、不衛生な環境が原因で感染することもまれにあります。免疫力の低下をもたらす病気なので、他の感染症にかかるリスクを上げないためにも早めの対処が求められます。

★非特異性膣炎

おりものの量が増えて悪臭を伴う場合は、非特異性膣炎である可能性もあります。おりものの色は感染した細菌によって異なり、黄色や黄緑だったり、茶色がかっている場合もあります。

非特異性膣炎は、大腸菌やブドウ球菌など、ふだんから身近にいる菌が原因となって引き起こされる炎症です。

かゆみはさほどひどくはありませんが、おりものの刺激で赤くただれたり、晴れたりします。身体の抵抗力が低下している時に発病しやすいので、疲れやストレスが溜まっているときには注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加