大量のおりものは病気のサイン?

量、色、臭いには個人差が

おりものは、子宮内膜や子宮頚管などから出る分泌液です。女性ホルモンとのかかわりが強く、通常は透明から淡いクリーム色で少し酸っぱい感じの臭いがします。下着などについて乾くと黄色っぽくなり、少し臭いも強くなります。といっても、おりものの状態や量にはかなり個人差があるので、正常な臭いや色、量についてはっきりした定義はありません。

また、排卵から月経までの時期はもともとおりものが多くなる時期なので、正常な状態でも、排卵時に少し血が混じって茶色っぽくなったり、卵の白身のようなドロッとしりします。月経前には普段よりも臭いが多少強くなったりもするので、多少の臭いや量、状態の違いはおりもののリズムとして通常にあるものなのです。

膣内の自浄作用の低下は感染の恐れの第一歩

とはいっても、単なる分泌液とあなどってばかりはいられません。状態によっては膣炎や性感染症も疑われるので、軽視は禁物。

膣内の自浄作用が低下して起こるのが「カンジダ膣炎」と「非特異性膣炎」です。若い女性に多く、どちらも疲労やストレス、または抗生物質の影響などで体の免疫力が落ち、膣の中の自浄作用(自分で自分の体をきれいにしようとする力)が弱まったときなどに罹りやすいものです。

予防策としては、膣の中の自浄作用を弱めないことが重要です。最近はウォッシュレットの使用によって自浄作用を低下させてしまうケースも増えてきています。おりものが多くて気持ち悪いからと一日に何回も洗うと、膣の中にいるよい菌まで流してしまい、悪い菌が増殖。炎症を起こすだけでなく、性感染症にも罹りやすくなります。

おりものが多い場合はシートをつけてこまめに換えるようにしましょう。いつも清潔にしておくことが第一です。

最近、若い女性に増えている性感染症

近頃,若い女性に増えている性感染症です。おりものの量が多い、色がおかしい、臭いが強いということ以外に外陰部にできものがあったり、かゆみや痛みを伴ったりする場合は性感染症の疑いがあります。特に多いのが「クラミジア感染症」。おりものの量が増える程度であまり自覚症状がなく、感染に気がつかない場合が多いのですが、症状が進めば子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし、不妊症になる場合もあります。

性感染症は自分ひとりの問題ではなく、放っておくと感染が連鎖し、第三者に広がる可能性大。いつもと違うなと感じたら、早めに婦人科を受診してください。

おりものの異常が目安の膣炎と性感染症

【カンジダ膣炎】

自覚症状/白くボロボロとしたかす状やカッテージチーズのようなおりものでかゆみを伴います。
原因/カンジダ・アルビカンスというカビ菌が膣に繁殖して炎症を起こします。セックスだけでなく疲れやストレスで抵抗力が低下しているときや抗生物質を服用したときなど膣の自浄作用が低下したときに発病しやすくまります。

【非特異性膣炎】

自覚症状/茶褐色や緑色のおりものが増え、悪臭を伴うことあります。かゆみはそれほど強くないが、外陰部が赤く腫れたりただれたりすることもあります。

原因/大腸菌やブドウ球菌などの細菌によって起こる炎症です。体の抵抗力が落ち、膣の自浄作用が低下したときなどに発病しやすくなります。

【クラミジア感染症】

自覚症状/黄色っぽい色のおりものが大量に出ます。量の増加、排尿時の軽い痛みなどがありますが、自覚症状が乏しく感染に気がつかない人が多いようです。

原因/「クラミジア・トラコマティス」という微生物によって起こります。症状が進むと卵管炎や子宮内膜炎を引き起こし、不妊の原因になります。妊娠しても流産や早産をおこし、分娩時には赤ちゃんに感染し、肺炎や結膜炎を起こす危険性もあります。

【トリコモナス膣炎】

自覚症状/黄緑色の泡立ったおりもので、強烈な外陰部の痛痒さを伴います。

原因/トリコモナス原虫が感染して起こります。ほとんどがセックスによっての感染ですが、まれに不潔なトイレや浴槽などから感染することもあります。症状が進むと膣の自浄作用が低下し、ほかの感染症にかかるおそれもあるので、公衆浴場で床に座ったり、腰掛けをよく洗わずに使用するのをやめましょう。

【淋病】

自覚症状/感染後、3 ~9 日後に陰部の不快感や異臭のある黄色い膿のようなおりものが増えます。

原因/淋菌という細菌によって起こります。症状が進むと激しい下腹部痛と発熱が起こり、不妊の原因になることあります。目に感染すると失明することさえあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加