下着の汚れはシートなどでカバー

気になる下着の汚れ

おりものは思春期から始まり、女性の一生につきまとう嫌な症状です。でも、膣の中の環境を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えるなど、大切な役割をもつのもおりものの役割。とはいえ、「下着の汚れの原因になるのがイヤ」という人も少なくありません。

まだ性の意識のない児童でも虚弱だとおりものが始まり、自然にショーツなどの身近な下着で拭いてしまい、不審な行動に誤解されたりもしますが、とにかく陰部のべたつきを何とかぬぐいたくなるのは、大人も子どもも同じ。出先で突然大量のおりものが出ると、とにかくハンカチでもテイッシュでも当ててしまいたくなります。

本来は、汚れが下着につかないようにパンティライナーやおりものシートを使うのがおすすめです。オーガニックコットンを使った肌にやさしいタイプや、臭いが気になる人向けに香りがついたものなど、最近はさまざまなタイプが出ています。

おりものの量は個人差があり、多い人の場合には気になって毎日、使っていることもあるようです。でも、シートをいつも使っているのはちょっと……という人も多いはず。それでも、確実に下着の汚れをシャットアウトするには確実なアイテム。とくにおりものの量が増える生理の後や排卵期などに使えば、下着の汚れを防ぐことができます。

パンティライナーやおりものシートを使う場合の注意点

パンティライナーやおりものシートを使う場合は、通気性の悪い素材の下着や肌と密着するジーンズ、下半身を締めつける服装はしないことです。

防水性が高いパンティライナーやおりものシートが陰部に密着すると蒸れやすくなり、雑菌の繁殖によって臭いやかゆみ、かぶれの原因になります。

また、同じパンティライナーやおりものシートを長時間つけているのも、雑菌の繁殖の原因になります。湿った感覚がなくても、時間がきたら、こまめに取り換え、雑菌が繁殖しないようにしましょう。

外出中などにおりものの量が多いときは、ウォッシュレットのビデなどを利用しましょう。ちょっと公衆トイレのようなところでは抵抗がありますが、きちんと使い方を間違わなければ、十分に効果があります。

専用洗剤で洗濯を

お気に入りの白い下着の真ん中におりもののシミが……。下着についてしまったおりもののシミはなかなか落ちません。誰かにみられたら恥ずかしいと思えます。そんなときにはあらかじめ水道水で洗い流し、シミが気になる部分に液体酵素系漂白剤か、シミ用の部分洗い洗剤を使いましょう。多少の色ならつけおき洗いをしても元通りに白くなります。

色のついた下着は、何回も長くおりものが続くと変色してしまいます。そうなったら、もう普段履き用にして、外出には着用しないようにしましょう。

お湯のほうがよく落ちるようにおもえますが、お湯を使うとおりものに含まれるたんぱく質が固まって落ちにくくなります。また、経血やおりもの汚れ専用の洗剤も販売されているので、こういうものを使うのもおすすめおすすめです。

肌がデリケートな人は、しっかり洗えて繊維に残りにくい洗浄成分が入った洗剤を使ってください。

お気に入りの下着を長持ちさせるには、毎日のちょっとしたお手入れが大切。洗濯機で下着を洗う場合でも、水洗いで汚れを落としてから洗濯槽に放り込むなど、ひと手間を加えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加