生理中・生理前後のデリケートゾーンのお手入れ方法

角質層がとても薄いデリケートゾーン

デリケートゾーンの角質層は薄く、とても敏感。刺激から肌を守るバリア機能も最も弱い部分です。まぶたの角質層も薄く7 ~8 層ですが、外陰部はそれよりも薄く、たった4 ~5 層しかありません。顔の場合は10層ほど、手の平では50層ですので、デリケートゾーンの皮膚がどれほど敏感な部分かがよく分かります。

そのため、ちょっとした刺激でも炎症を起こしやすくなっています。とくに生理中は、ホルモンバランスの影響でアポクリン腺という汗腺の働きが活発になっていたり、ナプキンで覆われてムレやすくなっているため、デリケートゾーンのトラブルが起こりがち。デリケートゾーンは入り組んだ構造になっているので、恥垢が溜まりやすく、さらに汗などでムレルと、雑菌が繁殖する原因になります。

ただでさえ、雑菌が繁殖しやすい条件がそろいやすいデリケートゾーンですが、生理中は経血があるうえ、ナプキンも付けているのでさらに通気性も悪くなりますから、雑菌にとってパラダイスとでもいった居心地のよい環境となります。生理前後もおりものが増えたり、残った経血が少しずつでてきますから同様です。

これを防ぐには、第一にデリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。見ただけでは汚れていないナプキンでも、長時間つけたままだと雑菌が繁殖しやすくなるので、2 ~3 時間に一度はナプキンを交換するようにしましょう。

また、経血が多くて気になるといった場合は、ウォッシュレットのビデを使って経血が付いた表面を軽く洗い流して清潔を保ちましょう。ただし、あまり洗いすぎないように気をつけてください。

生理時期のデリケートゾーンのケア方法

お風呂でデリケートゾーンを洗う場合は、ゴシゴシこすらずに、お湯で洗い流すか、デリケートゾーン専用の弱酸性の洗浄剤をしっかりと泡立て、指の腹を使って軽くマッサージするような感覚で優しく洗います。

生理をすっきりと終わらせるために膣の中まで洗ってしまいたいということもあるでしょうが、石けんを使って指で洗うことはやめてください。膣内を健康な状態に保つために存在している常在菌を洗い流してしまうと、膣炎などのトラブルの原因になります。膣内を洗浄する場合は、専用のビデを使うようにしましょう。

また、アンダーヘアに経血が付くと、雑菌が繁殖しやすくなります。アンダーヘアにボリュームがある場合には、生理前にカットして整えておくと、デリケートゾーンのムレ対策にもなり、雑菌の繁殖を抑えることができます。

生理中は、気持ちもデリケートになりやすく、腹痛などで不調を感じやすい時期。できるだけ、快適な状態で過ごせるように工夫してください。

生理周期とお肌のスキンケアの違い

生理中と生理前後でスキンケアを替えているという人はあまりないかもしません。毎日同じスキンケアで十分と思っていませんか。でも、本当に美肌になりたいのなら、いつものケアから一歩進んだものを考えてください。

毎日同じスキンケアをしているのに肌には調子の良い日と悪い日があります。その原因って何? 実は生理周期にかかわっています。生理周期によって肌状態が変化するということは、女性であれば頭に入れておくべき知識。つまり、肌の状態は一定ではなく変化するものなので、状態によってケアの方法も違ってきます。

乾燥しがちな時期には念入りな保湿を、調子がよい時期にはスペシャルケアを、と周期ごとに変わる肌の状態にあわせてお手入れすることが一番のポイント。せっかくエステに行ったのに逆に肌が荒れてしまったということになれば、肌の状態を把握せず、不適切な時期にエステのケアを行ってしまったからかもしれません。

生理周期による肌の変化

生理1日目から数えて次の生理が始まる前日までの28日(※個人差があります)を7日ごとに4つに分けます。最初の7日間は生理中(月経期)で体温も低いため、血行が悪く肌も乾燥しがちな乾燥期。この乾燥期に必要なスキンケアはとにかく保湿です。

次の7日間(卵胞期)は、潤いの女性ホルモン“エストロゲン”の分泌がピークになる時期。特に何もしなくてもウルウルした美肌期を迎えます。調子もよく、肌も比較的強い状態なので、角質ケアなどで攻めるならこの時期が好機です。

そして次の7日間は少しずつ調子が下降していく調整期(黄体期前期)。肌の内側が乾きやすいので、保湿でバランスを整えてあげましょう。

そして生理直前の7日間(黄体期後期)は最も調子が悪くなり、オイリーになるので吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になるのでため、そばかすもできやすいトラブル期になります。この時期に過剰なスキンケアは禁物。紫外線ケアは念入りにし、食事などで内側からケアするようにします。

肌の乾燥期(月経期)、美肌期(卵胞期)、調整期(黄体期前期)、トラブル期(黄体期後期)を把握し、それに応じた対策をするのが一歩進んだ大人のスキンケア。必要な時に必要なケアをすることで無駄が省け、肌トラブルが起きても最小限に食い止めることができます。それが手間やお金をかけずに美肌をキープすることができる秘策。生理周期を頭に入れたスキンケアで美肌を守りましょう。

生理中の肌とスキンケア

生理が始まってからの1週間は「乾燥期」。体温がいつもより低めになるため、肌も乾燥しがち。血行不良に陥りやすくなります。そのため、この時期は洗顔後に化粧水、乳液、クリームなどのスキンケア商品でしっかり保湿ケアを行い、お肌の乾燥を防ぐことが大切です。とはいえ、生理前から生理中にかけての時期は黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、お肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなっています。この時期は肌が非常に敏感になっているため、肌トラブルを解消するために過剰に洗顔するなどのケアを行うと、逆に悪化し、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。

回数は1日2回まで、普段にも増して優しく洗顔をするようにしましょう。生理中は普段よりもお肌が敏感になっているため、使い慣れている化粧品でいつもと同じケアをすることをおすすめします。スキンケア商品で新商品を見つけたり、サンプルをもらったりすると即試したくなるかもしれませんが、肌が敏感な時期に使い慣れない化粧品を使用すると、肌トラブルが悪化する原因となります。新しい商品を試すのであれば、生理が終わるまで待ちましょう。

ニキビができても保湿はしっかりと!

生理中にニキビができてしまった場合には、化粧水などでしっかり保湿するようにしてください。ニキビができると肌が脂っぽくなるため、化粧品などは使用しないほうがよいのではないかと思えますが、保湿ケアをしないと、肌が乾燥しやすくなり、バリア機能も弱まってしまいます。

もし、ニキビができたのであれば、クリームなどの油分を含むクリームなどを使用する場合は、ニキビの部分を避けて塗るようにしてください。

生理中は肌のバリア機能が衰えるため、シェービングなどでムダ毛の手入れをすると肌に過剰な刺激を与えてしまいます。また、エステやパックによるスペシャルケアも避けたほうが無難。頭皮も皮膚の一部であるため、カラーリングやパーマもできるだけ避けるようにしましょう。

生理中の肌トラブルをシャットアウト

生理の前や生理中に、肌荒れが気になったことはありませんか。

その肌荒れには、女性ならではのデリケートな原因があります。そして、そんな不安定なときにこそ、間違ったスキンケアをしてしまうと肌は荒れ放題になってしまいます。

生理は女性ホルモンが大きく関わっています。生理後、女性ホルモンの一つである、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンが分泌し始め、そして排卵の時期にピークになります。エストロゲンは、コラーゲンの生成を促したり、肌に張りを与えたりして女性らしさを作りだすホルモンなので、月経終了後~排卵直前のこの時期、女性は一番きれいになるといわれています。

排卵後からエストロゲンは減少して、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが増えます。そしてエストロゲンとプロゲステロンの量が急激に入れ替わります。このホルモンが入れ替わる時期が、肌荒れをする一番危険な時期なのです。

プロゲステロンは、皮脂分泌を過剰にしたりするため、ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。また、ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、イライラしたり精神的にも不安定になったりします。

そして生理中には、エストロゲンとプロゲステロンの両方のホルモンが、減少してしまいます。ここでも、また別の肌荒れの危険が……。

生理前や生理中には、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなり、肌荒れしやすい状況になりますから、自分の体が、今どの時期にあたり、どのような状態になっているのかを知っているだけでも、スキンケアも小まめに変えることができます。

★排卵後~生理前のスキンケアのコツ

生理前には、エストロゲンとプロゲステロンのホルモン量が大きくシフトチェンジの時期で、肌も心も不安定になります。体の中では、プロゲステロンが増えることによって、皮脂の分泌が増えてしまい、肌はベタベタしやすい状況になり、そのままにしておくと、ベタベタした皮脂に埃や細菌が付着し、ニキビなどのトラブルの原因になってしまいます。したがって排卵日~生理前にかけての時期には、洗顔を小まめに行なうようにしましょう。肌は細菌が繁殖しやすい状況になるので、殺菌作用のある化粧水などを使うことも効果的です。

★生理中のスキンケアのコツ

生理中には、エストロゲンもプロゲステロンも両方減少し、いわゆる更年期のときのような状態になります。肌を潤す女性ホルモンが2種類ともに減少してしまうことで、肌は乾燥しやすくなってしまいます。また、生理中には体温が低下してくるので、血行不良になりやすく肌が乾燥しやすくなります。乾燥してくると、肌のバリア機能が低下してくるので、過敏状態になり、小じわやかぶれなどの原因になったりします。

生理中は、乾燥を防ぐために、保湿成分の高い美容品を使うことが効果的です。洗顔は、生理前よりも回数を減らし、お湯での洗顔は止めましょう。保湿系パックなどもいつもより、回数を少し増やして保湿するように心がけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加