生理中のナプキンかぶれの予防と対処法

ナプキンかぶれの原因は「ムレ」と「摩擦」

生理中にデリケートゾーンのかぶれが起きやすいのは、なぜでしょうか。

デリケートゾーンは他の部位の皮膚と比べて角質層が薄く、バリア機能が弱い部位です。そこにナプキンを長時間つけたり、締めつけのきつい下着や服を着ていることから、通気も悪くなり湿度が高い状態に保たれてしまいます。それに加えて、生理中は分泌物が多く出ているので、雑菌が繁殖しやすい環境となり、トラブルが起こりやすいのです。

ナプキンかぶれの主な原因は、「ムレ」と「摩擦」。ナプキンは吸収力を追求するという性質上、どうしても通気性は悪くなり、ムレやすくなります。とくに吸収性を追求したものが重宝されることから長時間つけっぱなしにしてしまうことになりがち。湿度がさらに高まり雑菌の繁殖を促してしまいます。

ナプキンはポリエステルなどの石油由来の素材を使っており、こうした素材が肌に密着すると、摩擦によって皮膚に刺激が加わります。かぶれの起きやすい外陰部は、歩行などの日常の動作や運動を行う際に、摩擦による刺激を受けやすい部分でもあるのです。

生理中のかぶれ予防はナプキン素材を見直してみよう

かぶれを防ぐために、生理用ナプキンはたとえ汚れが目立たなくても、こまめに替える習慣をつけましょう。陰部の湿度が高くなることを少しでも防ぐことができます。

最近は、肌への優しさを考慮したナプキンも発売されているので、ナプキンかぶれが気になるようならば、素材の違うナプキンを使ってみるのもよいでしょう。ただし、自分の肌に合ったものを選ぶのが第一。さまざまなタイプのものを試してみて、自分にとっての一番を探してください。

肌が弱く、もともとかぶれやすい人は、綿100 %の布ナプキンを使ってみてもよいでしょう。紙ナプキンのように化学物質が使われていませんし、通気性も良く、かぶれやすい肌にも優しい肌触りです。

かぶれてしまったらやさしくケアして

かぶれていなくてもデリートゾーンの肌は弱く、ちょっと強く指があたっただけでも傷ついたりかぶれたりするものです。ましてや生理中のかぶれた状態のデリケートゾーンを洗う場合、石けん成分自体でも刺激の原因になることがあります。

炎症がひどいときは、お湯だけで洗うようにしましょう。その際、ゴシゴシ擦ると、炎症がさらに悪化する恐れがあるので、優しく洗ってください。かぶれてしまった場合は特に刺激を与えないように注意しましょう。

炎症やかゆみを抑える市販薬もありますが、かぶれが続く場合や、かゆみを伴うなど状態がひどい場合は早めにクリニックを受診しましょう。

生理中はホルモンバランスも普段とは違い、さまざまな不調が起こりやすいときです。このようなときに、睡眠不足やストレスなどにより免疫力が低下するような状態が続くと、トラブルも長引いてしまいます。ゆっくり休んで、免疫力をアップさせることも、かぶれや炎症を早く回復させるポイントになります。

なんとかしたいかぶれとかゆみ

生理中のかぶれやかゆみで悩んでいる女性は、少なくありません。ただのかぶれと思っていたら、病気のサインということも。生理用品の品質がよくなっていることもあり、だんだん減少しているように思えるデリケートゾーンのかぶれですが、肌が弱くてつらい思いをしている人もまだまだいる多いようです。

それも生理中ばかりでなく、おりものやなどでも起こります。

主な原因はまずムレ。ナプキンを当てていると、どうしても湿った状態が続きます。その状態で、吸収されずナプキンに残った経血や汗などが肌を刺激すると、かぶれが起きてしまいます。赤ちゃんのオムツかぶれと似たようなもので、もともと皮膚の弱い人に多くみられます。

もうひとつの原因は摩擦。うるおいが不足している場合など、動いたり歩いたりしたとき、ナプキンとのまさつで乾燥した皮膚がこすられてかぶれてしまうのです。

かゆみやかぶれに加えておりものの異常もみられたら

月経時でなくても、かゆみやかぶれは起こります。次のような症状もあるときは、病気の可能性がありますので受診しましょう。

1.カンジダ膣炎

かゆみ・はれ+白くポロポロしたおりもの特徴です。膣内~外陰部まで強いかゆみがあり、かきこわしてはれや痛みを起こすこともあります。夜ベッドに入り温まると、かゆみが増します。

2.トリコモナス膣炎

かゆみ・ ただれ+濃い黄色や緑っぽいおりものがあります。細かいアワが混じることもあります。外陰部がガマンできないほどかゆく、排尿時に尿がしみたり、歩くだけでもこすれて痛くなります。

3.毛ジラミ

強いかゆみ+陰毛の根元に灰白色のフケがみられます。陰毛の毛根部に寄生する毛ジラミによるもので、セックス時、プール、寝具などから感染することもあります。

4.かいせん

強いかゆみ+米粒大の赤いポツポツがあります。ヒゼンダニというかいせん虫が寄生し、眠れないほどの強烈なかゆみを起こします。下着や寝具から感染することもあリます。

外出時のかぶれ手当

かぶれているときのデリケートゾーンは、お湯でそっと洗い流すのがいちばん。最近は施設のトイレでもウォシュレットが完備しているので、低めの温度、水勢に設定し、そっと洗い流しましょう。乾燥機能がついていれば、ペーパーを使わずに乾燥させ、ない場合にはそっとティッシュペーパーを押し当てて乾燥させます。

ウォシュレットがない場合には、急なかゆみやかぶれには刺激の少ないウェットティシュや清浄綿で外陰部をやさしくふきます。その際は、ノンアルコール・無香料など刺激の少ないものがおすすめです。

自宅ではかゆみやかぶれのあるところをよくお湯で洗い、乾いたらそっと市販の塗り薬をつけます。市販の治療薬を使っても治らないときは、はやめに婦人科や皮膚科への受診をおすすめします。

かぶれ・かゆみ対策はナプキン選び

かぶれやかゆみが気になる人は、コットン素材の肌への刺激性が少ないタイプを選びましょう。
それでもやっぱり気になる人には、タンポンがおすすめです。

月経中はナプキンをこまめにかえ、毎日入浴かシャワーで清潔を心がけましょう。

もともと皮膚の弱い人やアレルギー体質の人はデリケートゾーンだけでなくカラダのほかの部分の皮膚も弱かったり、アレルギー体質の人が多いようです。自分に合ったケアをするためにも、一度婦人科や皮膚科で相談してみましょう。

疲労をためず抵抗力をつける

一般的に、カラダの抵抗力が落ちていると、皮膚が弱くなって、かぶれやすくなるものです。いつもはかぶれなくてもかぶれてしまったり、重くなったりしますから、疲れをためず、睡眠もしっかりとって、カラダの抵抗力をつける生活が肝心。健やかな生活を心がけて、月経期間も快適にすごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加