ビキニラインの黒ずみの原因と解消法

ビキニライン( 股) の黒ずみの原因

足の付根、ビキニライン(股部分) のトラブルは女性特有の悩み。人には言えないけど密かな悩みになっていることは意外なほど多くなっています。正しいケアを行い、ビキニラインのトラブルを解消しましょう。

ビキニラインの黒ずみが発生する原因には、以下のようなものがあります。

(1) 下着や洋服による摩擦

ビキニラインは足の付根の可動部に当たり、ただでさえ肌同士の摩擦を受けやすい部分です。そこにプラス、女性の場合このビキニラインにそって下着のゴムが当たることが多いため、さらに摩擦を受けやすくなります。下着のゴムなどが常に触れていたり、タイトなジーンズなどを履いていると動くたびに擦れるなど、摩擦による刺激を受けやすくなります。下着だけでなく汗やおりもの、生理用ナプキン、スキニーパンツなどの繊維、ムダ毛などの影響で、ニキビ、かぶれが起こりやすくなります。

肌は摩擦や刺激を受け続けると、防御反応でメラニンを生成したり、ターンオーバーを早めて角質層を厚くします。そしてこれらの防御反応で、肌のメラニン生成、角質の硬化による色素沈着が起きやすくなります。

摩擦による色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれ、シミが深い部分にでき、色素が定着しているので改善に時間がかかります。また、角質層が厚くなる現象を「過角化」と呼びますが、過角化が発生すると、お肌が角質によってくすんだり、黒ずんでしまいます。

ごくふつうのショーツでも摩擦をおこしているのに、TバックやVゾーンにしっかり食い込むセクシー下着などは勝負時以外はやめましょう。ぴったりしたジーンズやパンツ、タイトスカートなども避けたほうが無難。下着は肌触りがよいシルクなどの天然素材のものを選びましょう。特に、テニスやランニング、自転車に乗るときなど、脚を激しく動かす動作をするスポーツ時にはビキニラインが摩擦による刺激を受けにくい服装を選ぶようにしてください。

(2) かぶれや炎症

お肌に炎症がおこると、その部分に色素沈着が発生することがあります。ニキビ跡の色素沈着は、炎症による色素沈着の代表例。ビキニラインの場合は、汗やおりもの、ボディソープ、生理用ナプキン、ムダ毛の処理、ニキビや吹き出物などによってかぶれや炎症が発生することがあります。黒ずんでいるからといって、ゴシゴシ洗って洗い流そうとするのはナンセンス。そもそも黒ずみは皮膚にメラニン色素が沈着して起こるものですので、ゴシゴシ洗って落とせるようなものではありません。それどころか、洗いすぎによって肌に必要な皮脂までも落としてしまい、乾燥を引き起こします。

乾燥は肌へのダメージになるだけでなく、皮脂の過剰分泌を促してニキビや炎症の原因となります。また、かぶれによってかゆみがあると、ついつい掻いてしまいがちですが、

炎症を悪化させたり、掻いた刺激によって色素沈着が起きたりするので、薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。

(3) セルフ脱毛による刺激や炎症

アンダーヘアをカミソリで剃ると、お肌がカミソリによって刺激され、過角化や色素沈着が起こることがあります。

脱毛、特に毛抜きやワックスで毛を引き抜く処理をすると、傷ついた毛穴に雑菌が入り、「毛嚢炎( もうのうえん) 」ができることがあります。

このように、ビキニラインに肌トラブルが発生した場合は、自己流のケアで炎症を悪化させる前に、ドクターに相談するようにしましょう。

(4) ホルモンバランス

妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、ビキニラインをはじめ、顔や体に色素沈着が発生する場合があります。ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数カ月で自然に消えますので、それほど心配はいりません。

不規則な生活習慣肌の黒ずみは、不規則な生活などによるホルモンバランスの乱れでも起こる場合があります。メラニン色素の排出を促すサイクルを正常にするためには、食事や睡眠などの生活習慣を正すことが重要です。

生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、異変があれば婦人科を受診するのがオススメです。

また、健康な肌を維持するのに欠かせないビタミンB,C などを積極的に摂るようにしましょう。

ビキニラインの黒ずみのケア方法

ビキニラインの黒ずみには、以下のような治療が行われます。

(1) 外用薬の処方

漂白効果があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促すトレチノイン( ビタミンA 誘導体) などの外用薬をビキニラインに塗ることで、黒ずみを改善します。

(2) 内服薬の処方

抗酸化作用が強く、シミなどの治療にも用いられるビタミンC やビタミンE 、トラネキサム酸などの内服薬を摂取し、内側から黒ずみを解消する治療です。黒ずみにも色々な原因があり、きちんと原因を突き止め、適切な対処することが必要です。

原因や対処法が分からない場合は、自己流のケアで悪化させる前に皮膚科を受診することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加