お尻の黒ずみの原因と解消法

お尻の黒ずみができる仕組み

他人には絶対に相談できないお尻の黒ずみ。黒ずみがあるとお尻が汚くみえてしまうので、悩んでいる人は少なくありません。でも、黒ずみができる原因を排除し、正しいケアを行っていけば、黒ずみを解消することができます。

お尻の黒ずみが発生する原因には、以下のようなものがあります。

(1) 摩擦などの刺激による色素沈着

お肌は刺激を受けると、防御反応でメラニンを生成します。下着や洋服との摩擦や座っているときの圧力などの刺激により、お肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生します。

特に、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でゴシゴシ洗うのは要注意。これらのように、摩擦により発生した色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれ、シミが深い部分にでき、色素が定着しているので改善に時間がかかります。

座る時間を短くするのは、仕事などによっては難しいと思いますが、下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。

(2) お肌の乾燥や摩擦などの刺激による過角化

乾燥したり刺激を受けたりすると、お肌は刺激から自らを守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとするため「過角化」と呼ばれる現象が発生します。過角化によって角質が厚くなると、お肌全体がゴワゴワしたり、くすんで黒ずんでしまいます。

過角化を起こさせないためには、しっかり保湿することが重要です。また、メラニンによる黒ずみと同様、下着などはなるべく刺激にならないようなものを選びましょう。

過角化によってお尻が黒ずんでくすんでしまっている場合は、余分な角質をピーリング石鹸などで穏やかに取り除くと効果的です。ピーリングを行うと、普段よりもお肌が乾燥しやすい状態となるため、よりしっかりと保湿をするようにしてください。

ただし、垢すりやスクラブなどでゴシゴシこすって角質を落とすのはNGです。一時的にお尻がツルツルになっても、摩擦による刺激で後から色素沈着が発生したり、過角化を促進して余計に黒ずみやすいお肌になってしまいます。

(3) かぶれや炎症

お肌に炎症が起こると、その部分に色素沈着が発生することがあります。ニキビ跡の色素沈着は、炎症による色素沈着の代表例です。

お尻の場合は、アレルギーによるかぶれやムダ毛の処理などによる傷、ニキビや吹き出物などによって炎症が発生することがあります。

化粧品や石鹸などによるかぶれの場合は、原因と考えられるものの使用をすぐに停止しましょう。かゆみがある場合は、掻いてしまうと炎症が余計悪化しますので、薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。吹き出物など、他の皮膚疾患が原因の場合は、皮膚科に相談し、原因となっている疾患を治すことが必要です。

(4) ホルモンバランス

妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、黒ずみが発生する場合があります。出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数カ月で自然に消えますので、さほど心配はいりません。生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、異変があれば婦人科を受診するのがオススメです。

お尻の黒ずみの皮膚科治療

お尻の黒ずみを解消するには、なるべく刺激を与えないこと、余分な角質を優しく取り除くこと、しっかりと保湿を行うことの3 つを、根気強く続けていく必要があります。

黒ずみの予防や、軽い黒ずみの解消にはこれらで十分な効果が期待できますが、濃い色素沈着がある場合や「今すぐ黒ずみを解消したい!」という場合には、クリニックで治療を受けるようにしましょう。

お尻の黒ずみの治療には、以下のようなものがあります。

(1) ケミカルピーリング
お尻の黒ずみ、ざらつき、ニキビが気になる方にオススメです。酸の働きで古い角質を除去し、細胞の新陳代謝をアップすることで、くすみやざらつきを改善します。クリニック処方の美白クリーム、保湿クリーム、ピーリング石鹸などとの併用で、相乗効果が期待できます。
(2) レーザー/光治療
レーザーや光をお尻に照射し、メラニン色素を破壊していきます。クリニック処方の美白クリーム、保湿クリーム、ピーリング石鹸などとの併用で、相乗効果が期待できます。
(3) 外用薬の処方
漂白効果があり、メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促すトレチノイン( ビタミンA 誘導体) などの外用薬をお尻に塗ることで、黒ずみを解消する治療です。
(4) 内服薬の処方
抗酸化作用が強く、シミなどの治療にも用いられるビタミンC やビタミンE 、トラネキサム酸などの内服薬を摂取し、内側から黒ずみを解消する治療です。

黒ずみと言っても、色々な原因があります。まずは何が原因になっているのかを突き止め、正しく対処することが大切です。原因が分からない場合や、分かってもどうしたらよいかが分からない場合は、自己流のケアで悪化させる前に、ドクターに相談しましょう。

お尻の黒ずみができる3つの原因

お尻の黒ずみに悩んでいる人にとっては今更かも知れませんが、きちんと知っておいて欲しいのでお尻に黒ずみが出来てしまう原因をまとめました。治す方法よりも出来てしまう原因をしっかり理解することも大事です。

黒ずみが発生する主な原因である色素沈着は以下のとおりの原因です。

①ニキビや傷口など炎症による色素沈着

黒ずみは基本的に外部からの刺激や、圧力などにより発生します。またお尻のニキビやブツブツ等の「デキモノ」はシャンプーやリンスの洗い残しが原因であることが多いのです。頭を洗った後に身体やお尻をしっかりと洗い、綺麗に流さないとニキビの出来る原因になってしまいます。このニキビやブツブツの跡がそのまま色素沈着し、汚らしいお尻の黒ずみとなってしまいます。

②乾燥や摩擦など、外部の刺激による過角化(角質が厚くなる現象)による色素沈着

サイズの合わない下着による締め付けでお尻と太ももの境目が黒ずむケースも多いものです。パンティーラインが黒ずんでいたら下着の締め付けが原因です。サイズのあった下着に切り替えましょう。またはボクサーショーツもオススメです。

③長時間のデスクワークなどお尻にかかる圧力による色素沈着

お尻全体が黒ずんでいたら圧力などから来る過角化が考えられます。
ターンオーバーが正常に機能せず、新陳代謝がおこなわれないという現象です。この場合お尻がガサガサしてゴワつきが気になる人もいるでしょう。応急処置としてクッションを利用するなどして、刺激を減らすよう努力をしましょう。

お尻の黒ずみは根気よくケア

黒ずみのパターンにより対処法は様々です。黒ずみを治すのはニキビなどの出来物よりも時間がかかり、手間もかかります。でもしっかりお手入れをすれば徐々に薄くなりますし、努力次第では完全に綺麗な状態に戻る人もいます。根気強くケアを続けてください。固く黒ずんでしまった皮膚にはとにかく「保湿が効果的」です。
「ピーリング」や「スクラブ」も固くなった角質に有効ですが、肌の弱い人には向かない場合もあるので気をつけてください。

原因から黒ずみを解消する

①やわらかいクッションなどを利用してお尻と椅子の摩擦を緩和する

②長時間のデスクワークなどでお尻が蒸れた場合は出来るならこまめに拭き、清潔を保つ

③刺激にならないよう身体を洗う時は石鹸をよく泡立てて優しく洗う

④洗い残しがないように頭、身体をしっかり洗い流す

⑤顔の洗顔同様、入浴後はお尻を化粧水などで保湿する

⑥身につける下着はサイズの合ったものを使用する

⑦お尻専用のケア用品を使用する

お尻専用のケア用品は、60日間返金保証が付いている事が多いので一度試してみてください。

お尻の黒ずみを消すレシピ

この3つの手順を順番通りにすることが基本です。

①黒ずみクリームの成分が奥まで入るお尻作り

まず、お尻にクリームの成分が奥まで入るようにするために、汚れを洗って取り除き、古い角質はピーリングでお掃除します。

ボディソープや石鹸で汚れを落として、そのあとにピーリングで古い角質を剥がしてターンオーバー( 新しいピカピカの皮膚の再生) をしていきます。

②洗う時はモコモコの泡を!

面倒ですが「これでもか!!!!!!!!」というくらいモコモコの泡を作ってください。
モコ泡は吸着力が良く、肌へのダメージが少なくなるのでここではしっかり泡立ててください。ここにひとつまみの粒子の細かい塩を混ぜると黒ずみ効果UPします。

③汚れを落としてからお尻をピーリング

お尻の汚れをお掃除した後は、お尻のピーリングをしていきましょう。水分をタオルで取ってから( ココも優しくポンポンで) ピーリングしてください。ドラッグストアや薬局で販売している顔用の肌に優しいタイプのピーリングでOKです。ふき取りタイプはちょっと肌に優しくないのでジェルタイプがおすすめ。優しくクルクルしてポロポロと古い角質をお掃除しましょう。

④美白クリームで美白成分をしっかり入れつつ保湿

そこからクリームの出番です。

まず、お尻の黒ずみには「美白有効成分」がクリームに入っている必要があります。コラーゲンやヒアルロン酸が全面的に押し出されているクリームほど美白の有効成分が入ってないものが多いので注意。

この4つだけしっかり守ることを決意してください。

お尻の黒ずみを隠す

まだ全然黒ずみが治ってないけど今日は絶対黒ずみを隠したいというときがあります。決して肌に良くはありませんし悪化させる可能性もありますが、ファンデーションやコンシーラーを使い隠してしまうという荒技があります。ただし、ヘタに化粧をすると逆に目立ってしまう場合もありますし、そこまでして隠しているのがばれた時はよりいっそう恥ずかしいかもしれません。

水着や温泉、彼とお泊り…なんて日以外は人前でお尻を出すことなんてほぼないと思いますが、肌のためにも化粧品で隠したりしないほうが本来はベスト。水着の場合はスカート付きの水着を着用する、お尻の隠れるスタイルのものを急遽買う、お風呂ではタオルで隠すなど肌にダメージの無いやり方で隠すほうが賢明です。

彼に見られたくない…!という人は、極力体勢に気を使い、隠しましょう。もしくは大人しく白状しましょう。そのほうが楽ですし、その程度で彼女と別れるような男は別れて正解です。もっと心優しい人を見つけましょう。

なにはともあれ、さっさと直してしまうのが懸命です。今からでもお尻のケア取り組みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加