ショーツライン(パンツライン)の肌トラブル対処法

清潔を保ってむれないように

吹き出物の予防法、対処法として、大事なのは、お尻を清潔に保つことです。もちろん、お風呂は大事。ただし、せっけんで洗うと化学物質が原因で皮膚炎を起こすこともあります。せっけんを使わずシャワーできれいにし、お尻を洗い流した後、よく乾かしましょう。

お尻のまわりは、汗や湿気で蒸れてしまうことも多く、皮膚が下着などの繊維に対して敏感になっていることもあります。特に敏感肌ではないという人でも、お尻に吹き出物ができた場合、肌に合わない下着が原因になっているかもしれません。下着をナイロン製ではなく汗をよく吸着するシルクなどにする、長時間の座り仕事の際、お尻がむれないように20~30分おきに立つようにする、などの工夫をして、お尻を解放してあげましょう。

正しい生活習慣が美尻をつくる

睡眠不足や疲労からくるホルモンバランスの乱れが、皮脂を過剰に分泌する原因にもなっています。栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠をとるなどの正しい生活習慣を心がけることが大切です。アルコールや刺激物の飲食もなるべく控えましょう。ホルモンバランスの乱れが原因の場合、あごにできる吹き出物と同じように、生理前になると急に増えるという人は、犯人はホルモンバランスの乱れです。

お尻の肌、手入れ法

お尻の肌の手入れは、洗って汚れを落とすことから始めます。ボディソープや石鹸で汚れを落としてから、ピーリングで古い角質を剥がしてターンオーバー( 新しいピカピカの皮膚の再生) をしていきます。

洗うときはモコモコの泡をつくってください。面倒くさいと思うかもしれませんが、泡は吸着力が良く、肌へのダメージが少なくなるのでここではしっかり泡立てましょう。ここにひとつまみの粒子の細かい塩を混ぜると黒ずみ効果を高めます。お尻にニキビがある場合はしみるのでやめます。

洗うときは手と尻が触れないように泡で洗います。

お尻の汚れをお掃除した後は、お尻のピーリングをします。水分をタオルでやさしく拭ってからピーリングしてください。ドラッグストアや薬局で売っている顔用の肌に優しいタイプのピーリングで兼用できます。ふき取りタイプよりもジェルタイプがおすすめ。優しくクルクルしてポロポロと古い角質をお掃除しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加