理想の女性器をつくる最新技術

膣のゆるみには、子宮などの内臓を支えている“骨盤底筋”という筋肉が大きく関係しています。この骨盤底筋が衰えることで膣がゆるんでしまいます。出産や肥満によって骨盤底筋にかなりの負荷がかかって弱まり、姿勢の悪さにより膣まわりの筋肉があまり使われることがないことも膣がゆるむ原因ともなります。また、加齢にともない他の筋肉と同様に骨盤底筋も衰えてくるので、支えている子宮が下がり膀胱を刺激し頻尿などに悩まされる方も増えてきます。そのため、膣のゆるみを改善するには、骨盤底筋を鍛えることが大切です。

メスを使わない膣引き締め治療

最近は、クリニックで膣引き締め治療ができるようになりました。メスを使う手術ではない治療もあるので、ご紹介します。

自己脂肪・ヒアルロン酸注入

自己脂肪やヒアルロン酸を注入することによって、物理的に膣壁の厚くする方法です。施術時間が短くて済み、性交は1 週間前後から可能です。ただし他の治療と比較して効果の期間が短く、ヒアルロン酸では6 カ月~2 年程度と言われています。

レーザー

CO2 レーザー、YAG レーザーなど複数のレーザーの種類があります。膣壁全体に照射することで膣が収縮されると共に、コラーゲンの生成を促して膣壁を厚くする効果があります。

高周波

膣表面を冷却しながら高周波を膣壁に照射します。熱による組織変化によりコラーゲンの生成を促して、膣壁を厚くします。コラーゲンの生成を促す効果がレーザーより高いとされ、レーザー治療と併用されることがあります。ダウンタイム(施術前の生活を取り戻せるまでの期間)は約1 週間です。

手術で膣引き締め

物理的に、手術で膣を狭くする方法もあります。

膣縮小術

膣を締める役割を担っている括約筋(かつやくきん)を縫い縮め、余った膣壁を切除することで、膣のトンネルを狭くする方法です。手術ですので、ダウンタイムは4 ~6 週間と長めになります。

高周波による膣の引き締め治療……短時間で膣の引き締め効果

コラーゲンの減少により肌が弾力を失ってたるんでくるように、膣にも同じような現象が起こります。こうした加齢や出産後の膣のゆるみに対して、最近ではクリニックでも短時間に治療ができるようになってきています。

高周波エネルギーを用いて治療する「ビビーブ(Viveve)」は20~30分という短時間で施術ができ、メスを使わず麻酔も必要ないので身体への負担が少ないのが特徴です。さらに、コラーゲン生成の促進効果が高いということで注目されています。

また早くて施術後7日ぐらいから効果を感じ、1年間ぐらい効果が持続すると言われています。施術後30日で67%が膣の締まりを実感し、6 か月後には87%が効果を認めているというデータもあります。

高周波のエネルギーで膣壁を厚くする

「ビビーブ(Viveve)」は、アメリカでは別名「膣のサーマクール」と言われています。サーマクールとはメスを使用しないエイジングケア法で、たるみに効果的であると注目されている治療法です。

特に膣壁が薄くなっている方は、ビビーブの効果を実感しやすいようです。その理由は高周波を照射することでコラーゲンの生成を促し、膣内の粘膜を厚くするから。筋肉を鍛えることだけでは効果を得られなかった方も、コラーゲンを増やすことにより膣の引き締めを感じることができるのです。

施術には、親指大の治療用チップを使用します。チップを膣内に挿入し、円を描くように膣の入り口周辺をなぞります。そのようにして皮膚の下にあるコラーゲン層に断熱パルスを送り、膣表面は冷却します。

処女膜から膣の奥まで幅広い範囲の治療が可能で、ダウンタイム(施術前の生活を取り戻せるまでの期間)も7 日間程度と身体への負担も少ないのがメリットです。また施術も1 度で済みますので、何度も通院をする必要もありません。

しかし「ビビーブ(Viveve)」は膣の筋力を高める働きはないので、ケーゲル体操などのセルフトレーニングと併用すると、より効果的でしょう。

ビビーブでの膣引き締めが向いている方

膣の引き締め方法は自分でできるトレーニングもあるし、クリニックでの治療も数多く用意されています。ビビーブでの膣引き締め治療が向いているのは次のような方です。

・膣トレなどのトレーニングで効果が得られない

膣のゆるみは基本的には骨盤底筋を鍛えることで改善されます。が、それでも効果が感じられない方は、コラーゲン生成を促して膣内の粘膜を厚くする方法もあります。

・手術は避けたい

ビビーブは高周波エネルギーを利用して膣の引き締めを行いますので、メスは使いません。また手術に比べるとダウンタイムも約7 日と短めなので、生活への影響も少なくてすみます。

ただし閉経後の方はホルモンバランスの関係で効果が出にくいことがあるので、施術前に相談したほうが良いでしょう。ご自分のライフイベントを考慮し、専門医に相談した上で施術を受けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加