ドリンク剤をたくさん飲むと長持ちする?

Q02.

Hの前にドリンク剤をいつも3本飲んでいます。そうすると回数もできるし、身体も元気になるんですよね。
30歳男性

Answer

勢力増強成分(マムシ、スッポン、朝鮮人参など)の含まれるドリンク剤を飲むことによって、実際に効果のある人もいるようですが、個人差があり、一概には効くとはいえません。ただ、いちどに3本は飲み過ぎ。用法、用量を守って正しく飲みましょう。

実際に「長持ちさせたい」目的で買い求める人は多い

ドリンク剤は、ビタミン剤、カルシウム剤とならんで滋養強壮剤に含まれ、ビタミン、カルシウム、アミノ酸、生薬成分などを含有しています。滋養強壮剤は、食事が不規則なとき、体がだるいとき、疲れやすいとき、食欲がないといった肉体疲労時、あるいは妊娠、授乳期などでこれらの需要が増大している場合、病気などで体力が低下していたり、食事から十分に摂取できないなどの補給目的として用いられます。

「ドリンク剤をたくさん飲むと長持ちするのか」……その謎を追って、薬局「一本堂」の薬剤師さんにお話を伺ってみると、「実際にそういった目的でドリンク剤を買い求める人は多い」とのこと。

お話をしてくださった薬剤師さんが、そういったときにおすすめしているものは主に次の5つだそうです。

1. プロマガンダF(マカ、ガラナの成分が含まれている)

2. 絶倫帝王(オットセイのエキス(カロペプタイド)、マムシ、スッポン、ガラナ、牛睾丸エキスなどの成分が含まれている)

3. 絶倫ゴールド(オットセイのエキス(カロペプタイド)、マムシ、スッポンなどの成分が含まれている)

4. 漢帝寿(ガラナの成分が含まれている)

5. マムシグロンゴールド(マムシの成分が含まれている)

※ カロペプタイド…オットセイの筋肉や身体の組織内にあるアミノ酸とタンパク質の中間的な成分。美容・精力剤として有力な成分

いずれにしても、精力増強成分が含まれているものばかり。つまり、「長持ちさせたい」といった目的でドリンク剤を購入するときには、そこに含まれる成分に注目すべき、ということでしょうか。

精力増強成分のいろいろ

なにはともあれ、これらのドリンク剤の効果はいかほどのものなのか……実際に「絶倫帝王」「絶倫ゴールド」を製造している、再春館薬品でお話を伺ってみたところ次のようなご回答をいただきました。

「絶倫シリーズには、精力増強成分であるマムシやスッポンなどのエキスが含まれています。実際に飲んだ方々からは持続性の効果があった、という体験談も多く寄せられています。しかし、なかには効かなかった、という人も。体質などによって個人差があるので、一概にすべての人に効果があるとはいえません。でも、用量がきめられているので、たくさん飲み過ぎるのはNG。特に血圧が高い人などは、血流がよくなり過ぎてしまう恐れがあるので注意が必要です」

と、やはりその効果には個人差があるよう。でも、ドリンク剤を購入する際の目安として、その成分を知っておけばいつか役に立つ日がくるかもしれません。主な精力増強成分と考えられるものをいくつかあげてみましょう。

スッポン = 昔から栄養価が高いことで知られる。滋養の物としては最適

マムシ = 栄養価が高く、良質のアミノ酸が豊富にバランスよく含まれている

にんにく = 身体全体がリフレッシュされ若返るといわれている

ガラナ = コーヒーの約3倍のカフェインが含まれる

ニンジン = 神経系の興奮や副腎皮質機能を興奮させ、外界からのストレス刺激に対する抵抗力を高める

カフェイン = 中枢神経興奮作用により眠気や疲労感を取り除く

ドリンク剤製造各社の話によると…

現在、ドリンク剤にはいくつもの種類があります。薬局やコンビニでも今は手軽に購入することができますが、それらのドリンク剤にも「長持ち」効果はあるのでしょうか。一般的なドリンク剤を製造している各社にも問い合わせてみたところ、その大部分の返答は「成分的にそういった効果はない」とのこと。あるとしたら、それは「今日自分はこれを飲んでいるから大丈夫だ」というような心理的要素が大きいのではという意見が多く聞かれました。

参考までに、各社の回答は以下の通りです。

佐藤製薬株式会社(ユンケル)

「ユンケルシリーズに配合しております生薬のなかには、インポテンツや血行促進などに効果があり、古くから漢方薬として応用されているものがありますので、そのような作用が期待できると考えられます。しかしながら、用法用量として大人1回1瓶を1日1回服用すると決められておりますので適正使用をお願いいたします」

大正製薬株式会社(ゼナ、リポビタンD)

「医薬品及び医薬部外品の効能・効果は『肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給、滋養強壮、虚弱体質』です。したがって何かをする前に飲めば効くという効能・効果はありません」

協和薬品工業株式会社(ビタアルト)

「直接的効果はありません。生薬自体にはそういった効果がありますが、ドリンクにすると配合量が少ないので、効果は期待できません。心理的作用のほうがあるのでしょう」

常盤薬品工業株式会社(ビタシー)

「直接効果はありませんが、もともと栄養ドリンクには肉体疲労の回復などの働きがあるため、運動後の疲労回復には効果があります。しかし、そういった成分よりも心理的作用が大きいのではないでしょうか」

三共株式会社(リゲイン)

「成分として直接的に働くものはありません。ただ、成分的に間接的な意味で効能のあるものも。ビタミンEは血行の流れを促進するし、ビタミンB1は元気になる成分。カフェインやにんにく成分なども含まれています。それらが間接的に働くことがあるかもしれませんが、直接的にはありません」

田辺製薬株式会社(アスパラドリンク)

「そういった効果はありません。用量が決められていますので、1日3本飲むというのはよくありません」

エスエス製薬(エスカップ)

「心理的要素があるのでしょう。成分的には効果はありません」

武田薬品工業株式会社(アリナミン)

「当社のものではそういった成分はありません」

中外製薬株式会社(新グロモント、グロンサン)

「効果はありません」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加