タバコをたくさん吸うと髪によくない!?

あなたの髪Q&A 髪でお悩みのあなたに、髪に関する疑問をアートネイチャーがお答えします。

Q01.

タバコで薄毛になるってホントですか。タバコは1日3箱。いわゆるヘビースモーカーなので気になります。
(会社員 26歳男性)

Answer

タバコが直接の原因じゃないけど、タバコはカラダに悪い。ってことは髪にもよくないはず。

知ってますか。タバコは1本吸うだけで、12秒ほど命を縮めるのだそうです。

タバコにはタール、ニコチン、一酸化炭素といった有害物質のほか、ざっと十数種類もの発ガン物質も含まれているんです。特にタバコの煙に含まれるニコチンは毛細血管を収縮させ、血液中の悪玉コレステロールも増やします。すると血管が詰まりやすくなり、血流だって悪くなるので、髪の発育に必要な酸素も栄養も充分に行き渡らなくなってしまいます。

それから煙の中の一酸化炭素は、濃度が4~6万ppm。車の排ガス中の一酸化炭素濃度が6~8万ppmですから、これはかなりの高濃度。一酸化炭素は酸素の240倍も強力に、血液中のヘモグロビンと結合する性質があるので、吸い込んだ一酸化炭素はすかさずヘモグロビンと結合して、体内を巡り出します。

これじゃ、慢性の酸欠状態ってことに。その結果、頭皮だって血行不良に陥るので、長年そんな状態が続けば、充分に脱毛や薄毛の原因になってしまうわけですね。今から禁煙すれば、すぐにフサフサの髪がというわけではありませんが、タバコを止めれば、こういった髪への悪影響をなくすことができるのですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加