性感染症(STD)にかかりやすいSEXをチェック!

性感染症(STD)は女性の方がかかりやすく、リスクも大きいのです。症状がないものが多いため、感染していてもなかなか気づきません。
パートナーとのセックスから感染の可能性をチェックしてみましよう。

チェックしてみよう

    チェックなし

    STDにかかるリスクが低いといえます。

    ステディな関係のパートナーとだけセックスをするという人は、比較的STDにかかるリスクは低いと考えていいでしょう

    しかし、STDの中には潜伏期間が長いものもあり、以前交際していた相手から知らずにうつされている場合や、自分ではステディのつもりでも、知らないところで相手が浮気をしているという場合もあるので、STD予防として必ずコンドームをセックスの最初から最後まで、使用するよう心がけましょう。

    あてはまるものが1つ以上ある

    STDにかかるリスクが高いです。(ただし、コンドームをきちんと使うとリスクが低くなります)

    セックスパートナーの数が多ければ多いほど、感染のチャンスが増えてしまい、STDのリスクは高まります

    経験豊富なパートナーは、それだけ多くのSTDに感染するチャンスがあったということになるため、やはりハイリスクに

    そのときの気分でセックスを楽しむときには、感染のリスクが高いことを忘れず、必ずコンドームを使用するよう心がけましょう。

    6と7があてはまる人

    STDにかかるリスクがかなり高くなっています。

    キズや出血のある部分は、皮膚や粘膜が無防備な状態。免疫力も低下して、感染症を起こしやすい状態といえます

    この状態で、コンドームなしのセックスをすると、さらにSTDにかかるリスクはアップ

    STDによる被害は粘膜面が広く分泌物がたまりやすく、女性のほうが大きいのです。自分の体は自分で守るよう心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加