最近若い女性もかかりやすい更年期障害

更年期障害は、一般的には40歳代後半から起こります。ところが、最近30歳代からから更年期障害と同じ症状を訴える訴える女性が急増しています。

更年期障害は、卵巣機能の老化が原因で女性ホルモンが減少し、自律神経失調症などが現れる症状のことをいいます。卵巣機能の低下は、通常閉経をはさんでの前後5年間、といわれており、日本女性の平均閉経年齢は約50歳ですから、更年期障害が出るのは45歳から55歳くらい。30歳代にはめったにありません。

ところが30歳代の女性を襲うめまい、のぼせ、生理不順などの更年期そっくりの症状が多発し話題になっています。専門医では更年期障害が低年齢化しているというデータはなく、多分、現代生活のストレスが更年期障害を同じような症状をもたらしているのではないか、と推測しています。

しかし、なかには「早期性閉経」もあり、通常は老化とともに減る女性に関与したホルモンが異常に早く減少する病気もあります。更年期かどうかのチェックは女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)や下垂体から出る卵胞刺激ホルモンなどをチェックしますが、平均的なエストロゲンの量は月経開始5日後には血液1ミリリットル中、50ピコグラム(1グラムの1兆分の1が1ピコグラム)ありますが、閉経を迎えると、これが10ピコグラム以下になります。したがって月経5日後に50ピコグラムを下回っていれば、更年期に向かう証拠のひとつということができます。

早期性閉経では、なんらかの原因によって卵巣が器質的に萎縮し、エストロゲンが減少、早期に閉経することになります。

しかし、そうした障害は非常に少なく、今の時代、女性にストレスがかかりやすいので、“更年期と似たような症状”が目立っているのではないか、というのが多くの専門医の見解です。

俗に初潮が早いと閉経年齢も早いといわれますが、実はその間になんの関連もありません。日本人の場合、体格の向上により、初潮年齢は早まり、現在では12歳。しかし、閉経年齢は明治生まれの女性も、昭和生まれの女性もほとんど変化はありません。気候にも変化はなく、民族的にみても同じ。中世ヨーロッパでも50歳前後に閉経がもっとも多かったと記されており、洋の東西を問わず、閉経は50歳前後で起こることは遺伝子レベルで決まってるよう。したがってその前後に起きる更年期障害もまた、同じ時期に到来するというのが世界的な見解です。

でも、もし心配ならば、ホルモンチェックを受けておいたほうが安心。女性ホルモンは脳の視床下部、下垂体、卵巣の密接な関連で分泌されるので、卵巣ばかりか、ほかの部分の働きも弱っているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加