デリケートゾーンを洗う ~オススメと注意点~

「ていねいに洗っているけれど、臭いが気になる」、「ボディソープで洗うとかゆくなる」といった方には、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみましょう。臭い対策に重点を置いたものや、刺激が少ないものなど様々なタイプのものがあるので、一度試してみるのもよいと思います。

しっかり洗うのは大切ですが、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。膣内は常にPH4程の弱酸性に保たれ、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。これを「膣の自浄作用」といいますが、毎日石鹸で膣内まで洗ってしまうと、この自浄作用が低下してしまいます。そうなると膣炎などを誘発しかねませんので注意してください。

また、生理中は、普段よりもデリケートな状態になっているで、傷つけないようにいつも以上に優しく洗うよう心がけましょう。生理の終わりかけなら、ビデやシャワーで膣内に残っている血液を軽く洗い流してもよいですが、基本的には指を突っ込んだりして膣内まで洗う必要はありません。

デリケートゾーン用石鹸の選び方・使い方

「デリケートゾーンは洗いすぎるとよくないらしい」といった認識はあっても、ではどの程度洗えばよいのかというと、正しい知識をもっている人はあまり多くないようです。一回、覚えて選んでおきましょう。

洗いすぎが臭いを引き起こす

清潔志向が強い人にとっては、汗やムレが気になるデリケートゾーンはとくにていねいに洗いたくなる部分かもしれません。でも、これが実はさらに臭いを引き起こす原因になることがあります。
人間の身体の臭いは、どのような細菌が皮膚に存在しているかに左右されます。細菌というと「悪いもの」というイメージがあるかもしれませんが、中には身体を健康に保つための「よい細菌」もあります。皮膚にとっての良い細菌は「表皮ブドウ球菌」という菌で、皮脂や汗をもとにして皮膚を弱酸性に保つ働きをします。逆に「悪い細菌」の黄色ブドウ球菌や真菌などは、アンモニアやインドールなどの不快な臭いのもとになります。

よい菌は洗い流さないで

ゴシゴシとアルカリ性の石鹸を使って洗ってしまうと、皮膚にとってよい働きをしてくれる表皮ブドウ球菌が大量に殺菌されてしまい、その力を回復させる前に真菌などの悪い菌が繁殖して臭いが起こってしまいます。

大事なのは、身体にとってのよい菌を保護しながら、マイナスの要素を洗い流してあげることです。

デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーン用石鹸で一番大切なポイントは、刺激が少なく、洗いすぎによる「よい細菌」を殺さないこと。お肌にやさしい天然成分が配合された専用の石鹸を使いましょう。また、敏感な部分へ使用するので、やわらかな使い心地のよい泡だちの石けんを選びましょう。

お肌が弱い人はより注意して

トピー性皮膚炎など、もともと肌がデリケートな人は、石鹸などの刺激にも敏感に反応してしまいがちです。デリケートゾーン専用のソープをよく泡立てて使いましょう。それでも、ヒリヒリするなどの刺激を感じるようであれば、石鹸は使わずにぬるま湯で洗うのがオススメです。

すすぎ残しのないように

自分でも気づかないうちに、陰部にボディソープやシャンプーの成分がついてしまい、十分に洗い流せていないことや、入浴剤を入れたお風呂に長時間入っており、上がるときにデリケートゾーンに残っていたりするケースも、刺激の原因になるので注意してください。

黒ずみが気になるときのケア

デリケートゾーンのまわりが下着で擦れて黒ずんでいるような場合は、角質を落とす効果の高いピーリング石鹸などを使い、美白化粧水やクリームでケアしましょう。ただし、こうしたお手入れをしてよいのは、皮膚の部分(アンダーヘアが生えている部分)
ギリギリまでです。特にデリケートな粘膜部分に刺激の強い成分が付着しないよう十分気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加